トップページ >  ハラルニュース >  シンガポールレポートVol. 7 日本の商品に対するムスリム消費者の反応や嗜好調査

シンガポールレポートVol. 7 日本の商品に対するムスリム消費者の反応や嗜好調査

2015年1月12日(月)13日(火)、シンガポールにて、日本の商品に対するムスリム消費者の反応や嗜好の調査を実施しました。

シンガポールレポートVo.7 - 1

会場はシンガポール中心部にあるデパートの実際の売り場で、日本の地方自治体が主催した地場商品のフェアに合わせて行ないました。企業の担当者が付いて商品を販売する売り場にムスリムのモニターが訪れ、試食したり販売員の説明を聞いたりしながら商品の味、香り、食感やパッケージなどを評価する方法です。

消費者の生の声を聞き、本当にムスリムに売れる商品の改善に役立てようと、今回の調査が企画されました。

商品は全部で14品目ほぼ全てが食品です。塩から豆腐、かまぼこ、菓子類、アイスクリームまで幅広く出品されました。調査に協力するモニターはシンガポール在住のムスリムを集め、20代から50代の男女合計17名が調査に参加してくれました。


参加者からは「6番の商品はとても美味しいから今すぐ他の店でも売って欲しい」とか、「調査が終わったら12番の商品を買いに行ってくる」などポジティブな意見や「あの商品は味が薄い」など率直な改善に向けた意見をいただきました。
調査票はこれからまとめ、各社にフィードバック致します。

ハラル・ジャパン協会は教育、セミナー、研修のほか、ムスリム調査を国内・国外で行ったり、市場視察ツアー、現地レポートなどを行っています。気軽にお問合せ下さい。
⇒ http://www.halal.or.jp/main/service_10.php


シンガポールでのレストランへのハラル認証がますます増加


シンガポールレポートVo.7 - 2さて調査の合間にはハラル中国料理レストランに行ってきました。ローストチキンライス・海鮮と野菜炒め・牛肉の甘辛醤油炒めを食べましたが、まず何より美味しいです。炒め物もさっぱりした塩味のとてもおいしいものでした。中国料理 ⇒ 豚を使う ⇒ ハラルは無理、との意見も以前はありましたが、全く問題ありません。メニューもかなり豊富です。
 ムスリムだけでなく、地元の中華系、インド系も来る人気の店でした。


シンガポールレポートVo.7 - 3シンガポールレポートVo.7 - 4


去年の5月に比べてあちこちのレストランに認証マークが付いている印象があります(あくまで印象ですが)。
 あるモールでは壁にモールに入っているレストランが一覧で貼り出され、60軒中なんと17軒にシンガポールのハラル認証機関MUISの認証マークが表示されていました。MUISによるとレストランはハラル認証件数年間3,000件の7割を占めるとのことで、どんどん増えているそうです。

 なおMUISは海外での認証に積極的です。国内はMUIS、海外はWAREESというMUIS100%子会社が担当しており、日本のいくつかの認証機関に紹介され、すでに日本企業の日本の工場でも認証しています。MUIS側も非常に興味を持って迎えてくださり、日本の状況を説明しました。今後も継続的にやり取りすることになりました。

[写真:MUISの方々と]
シンガポールレポートVo.7 - 5

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.