ハラル事業部 TOP >  ハラルニュース >  TAIWAN INTERNATIONAL HALAL EXPO視察 | Japan Halal Business Association

TAIWAN INTERNATIONAL HALAL EXPO視察 | Japan Halal Business Association

台湾レポート 写真26月25日〜28日の4日間台湾で開催された「TAIWAN INTERNATIONAL HALAL EXPO」を視察して来ました。

「Halal Expo」は「Asia’s Super 5-in-1 Food Expo」という食品展示会の1コーナーとして開催されているブースとなります。







台湾レポート 写真1会場は台北市内の「台北ワールドトレードセンター」と「南港展覧館」の2カ所で開催されるとても規模の大きなイベントで、「Halal Expo」は「台北ワールドトレードセンター」にて開催されました。
※ この「台北ワールドトレードセンター」はアジア最大級のビル高さを誇る台北101のすぐ隣にある会場です。


台湾レポート 写真3左写真の赤枠で囲ったあたりがハラルコーナーとなります。
恐らく日本国内での食品関連展示会でも今後同様にハラルコーナーが設置されるのではないでしょうか。


台湾レポート 写真4鶏肉を扱っている会社のブースです。
コストコ、鼎泰豊(小籠包の有名店)、エバー航空等が取引先となっており、台湾最大級の鶏肉業者様です。
写真のようにHACCPやISOと同じようにハラルマークを表示することでPRされています。


台湾レポート 写真5台湾のハラル認証団体「THIDA」のブースです。
台湾には現在主に2つの認証団体があるとの事で、今回の展示会に出店している企業はほぼ全てこの「THIDA」の認証を取得していました。
マレーシアのJAKIM、インドネシアのMUI、シンガポールのMUISとの相互認証しており、各国への輸出が可能です。
現在約300社に認証を出しているとのこと。
日本よりもかなり多くの企業がすでに認証を取得しています。


台湾レポート 写真6上記「THIDA」のハラル認証の証明書です。
この写真はビーフンでハラル認証を取得された商品です。


台湾レポート 写真7台湾レポート 写真8
ハラルコーナーへ出店している企業は日本と同様に主には食品で、その他化粧品や健康食品のメーカーが出店しています。
ハラルコーナー以外もそうですが、台湾でも「オーガニック」を強調してPRしている所が非常に多く、上の最初の写真はインスタントスープなのですが、「有機」の文字が見えるかと思います。


台湾レポート 写真9当協会会員でもあるハラル認証取得の「アジアン餃子」で有名な吉村商店さんも出店されていました。
佐賀県でハラル認証を取得されている企業の商品もまとめて展示されており、佐賀県代表として出店されています。
吉村商店さんはシンガポールの展示会等にも出店されており、積極的にアジアへPRをされています。



010台湾レポート 写真11
ハラルコーナーのすぐ隣にはお祈りスペースが用意されています。
男女それぞれ別の部屋となっていますが、室内はマットと方角が示されているだけの非常にシンプルな部屋です。
もちろん洗い場もあった方が良いとか、しっかりキブラの方向が分かるようにすべき等あるかもしれませんが、会場として出来る事から初める。ここも非イスラム国ならではなのかもしれません。
完璧な対応ができればもちろんベストですが、まずはイスラム教徒の方々のためにできる事をやる。ここも大切なポイントです。



台湾レポート 写真12今回「Halal Expo」のブースに出店されていたのは吉村商店さんのみでしたが、別会場のFood Expoでは日本のブースが設置されており、ハラル認証を取得されているメーカー様としては醤油の福岡醤油店様、緑茶の㈱オーシャン(旧 中央精工)様
等が出店されていました。
ハラルコーナーではありませんが、ハラル認証マークを掲げている事で商談に繋がったケースが多々あったとのことで、認証を取得されている事でのPR効果がここでも少しあったようです。







台湾は非イスラム国であり、在住イスラム教徒は0.6%程度と言われています。
シンガポールやタイはイスラム人口がそれぞれシンガポール15%、タイ5%となっており、国内ムスリムだけでも一定のマーケットがあります。

日本は10〜16万人いると言われていますが、全国民の0.2%程度。
日本がこれからハラルビジネスへ参入して行く上で、シンガポールやタイのような一定の国内需要がある国よりも、台湾・韓国のような日本と同様に非イスラム国でありながら、ハラルビジネスを先に取り組んでいる国から学ぶべきかもしれません。
ハラルビジネスへ参入する際は、一度台湾・韓国のハラル市場を調査してみてはいかがでしょうか。




文責:ハラル・ジャパン協会 千葉

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.