ハラル事業部 TOP >  ハラルニュース >  調査事業「イスラム市場リサーチ」を始めます!

調査事業「イスラム市場リサーチ」を始めます!

2013年12月、ハラル・ジャパン協会が他には真似できない市場調査事業を新たに始めました。
http://halal.or.jp/main/service_10.php

イスラム市場リサーチ

これまで当協会では、ハラル基礎講座やビジネス交流会、全国での講演活動を通じて、ハラルとハラルビジネスについて参入方法を一緒に考えてきました。そして嬉しいことに、その活動は今やみなさんから継続的な相談を受けるに至っています。

そんな中、最近協会に寄せられる要望で増えてきた内容があります。
それは、「そもそも弊社の商品がイスラム教徒の好みに合うかどうか知りたい」
というものです。

当協会のハラールビジネス講座やセミナーでは「ハラル認証を取れば売れるわけではない」というメッセージを送り続けています。
一方で、ハラルを学び、ハラル対応の仕方がわかってくると、どこよりも早く取り組む必要があるという答えを見つける会社もあります。

すると次は、自社商品を誰に、どのように売るのか考える必要があります。

・自社の商品を市場のどの層が受け入れるのか。
・商品をどう改良すれば受け入れられそうか。
・ハラル認証マークの有無がどれだけ売上に影響しそうか。

程度の差こそあれ、ふだん誰もが行なうマーケティング調査ですが、ハラル対応に気を取られ、基本のマーケティングがおろそかになる企業も少なくないようです。
さらに、マーケティングの対象がふだん接する機会の少ないイスラム教徒であること、調査会社への依頼経験も少なく、コストが高いイメージもあります。

こうした事情で当協会にご要望が多く寄せられる中、当協会は調査事業を立ち上げました。
http://halal.or.jp/main/service_10.php

ポイントは「協会独自のムスリムネットワーク」です。

協会独自のムスリムネットワークにプロの調査経験者の専門家チームを組み合わせ、的確な調査設計と報告を行える体制を組み立てました。
もちろんメイドインジャパンのイスラム対応を早く実現するために、大手に比べ取り組み易い低価格にこだわっています。

メニューは4種類あります。

直接会って意見を聞くタイプの調査(定性調査)3種類
・デプスインタビュー :1対1で深く話を聞き、率直な印象や隠れたニーズを発見します。
・グループインタビュー:集団での会話が思わぬ発見や新しいアイデアを生みます。
・店舗訪問調査    :実店舗を訪問した対象者から、率直な意見をもらいます。

多くの意見を集め傾向を知るタイプの調査(定量調査)1種類
・ネット調査:海外のムスリム数百人からインターネットでアンケートを取り、回答を分析します。

ほかに真似のできない市場調査事業を提供いたしますので、お気軽にご相談ください。
イスラム市場開拓を目指す先駆者の皆様にご活用いただければ幸いです。



一般社団法人ハラル・ジャパン協会
調査担当 中川

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.