ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラルニュース >  岡山から世界へ、吉備中央町を中心とする地域活性化プロジェクト記者会見開催

岡山から世界へ、吉備中央町を中心とする地域活性化プロジェクト記者会見開催

10月7日(火)、株式会社シーワン(本社:岡山市南区 社長:田中弘志)の米粉でのハラル認証取得を発端に、今後本格化される岡山・吉備中央町の地域活性プロジェクトについての記者会見が行われました。

シーワン様、河上様

パン縦位置
米粉での取得は全国でも初のケースですが、認証団体はドバイを含む中東へ和牛などの輸出実績のある宗教法人日本イスラーム文化センター(本社:東京都豊島区南大塚 会長:アキール・シディキ)が担当し、8月に認証取得に至りました。

今回とくに画期的といえるのは、ハラル認証取得のみにとどまらず、地域行政と密に連携しながら、パンやスイーツの開発までコラボレーションしている点です。

パン・スイーツの製作にあたるのは、地元岡山やインドネシアなどでベーカリーを多数展開し、イスラム圏の食習慣や好みを熟知する河上祐隆ベーカリープロデューサー兼CEOです。会見では、パンは「パン・ド・ミー」「ブルーベリーブレッド」「チキンピザ」など6種類、スイーツは「ブラウニー」「カステラ」「シュークリーム」など5種類が用意され、当日は実際に試食も行われました。

米粉を50%以上含むため、ふわっとしながらもちもちとした食感となり、さらに無添加で総菜パンの具に使用する材料もハラルにこだわっているため、イスラム教徒に限らず「誰にとっても安心・安全のパン」を実現。これらはイスラム圏において甘い味が非常に好まれるなど、綿密なマーケティング調査の上でのものです。

認証書使用した米粉の材料となるのは、岡山産のコシヒカリやあきたこまちなどです。吉備中央町の山本雅則町長、農林課の小室弘司課長らも会見に出席し、「町ぐるみで積極的な支援を行いたい」と表明。米の消費拡大から、地域の雇用創出、さらに製品輸出と国内インバウンド対応も視野に入れ、まさしく「チーム岡山」といえるクールジャパンを意識した先駆け的なプロジェクトとしても非常に画期的です。

製品の輸出先として想定されるのは東南アジアをはじめ、中東ドバイ、サウジアラビアなどとなっており、予定される品目には完成品のパン、スイーツ、半製品、原料の米粉自体が対象となる予定です。

またこの日の会見には岡山選出のあいさわ一郎 衆議院議員と、農林水産省 生産局農産部 穀物課から担当職員2名も出席され、とくにあいさわ(逢沢)議員からは「地方から世界に向けての大きなチャレンジである」と熱烈なエールを送られました。

株式会社シーワン 田中社長は「観光と農業で地方から元気になれる岡山発のプロジェクトとしてアピールしたい」と語り、地域活性化はもとより、海外へ目を向けた将来的な取り組みである点が強調されました。2020年の東京オリンピック開催による訪日観光客増も見越した幅広い展開が期待されます。




プレスリリース記事
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000007565.html


□ 取材・記者会見に関するお申込・お問合せ先
一般社団法人ハラル・ジャパン協会 担当/水野・佐久間 
TEL:03-4540-7564  FAX:03-5950-0698 Mail:info@halal.or.jp

□ ハラル認証米粉に関するお問合せ先
株式会社シーワン 担当/藤下・田中
電話:086-902-5050

□パン・スウィーツなどに関する問い合わせ
株式会社おかやま工房・リエゾン 担当/河上
電話:086-242-4560

□行政・地域の取り組みなどに関する問い合わせ
吉備中央町農林課 担当/小室
電話:0866-54-1318



分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.