トップページ >  ハラルニュース >  小林生麺が日本初のアメリカ・日本同時ハラル認証取得! 欧米・イスラム圏に向けアレルギー&ハラルで輸出拡大!!

小林生麺が日本初のアメリカ・日本同時ハラル認証取得!
欧米・イスラム圏に向けアレルギー&ハラルで輸出拡大!!

このたび、グルテンフリーヌードルメーカーの小林生麺株式会社(本社:岐阜県岐阜市 代表取締役:小林 俊夫)は、米粉・小麦粉商品類では日本初のアメリカ・日本の2カ国それぞれのハラル認証団体から認証を取得、平成28年11月21日、千葉市幕張で開催されるJapan Halal & Tourism Expo 2016において、その発表をする運びとなりました。

img_6576


小林生麺株式会社は、岐阜市に本社がある1947年創業の製麺企業で、「安心」「安全」における他社との差別化のため、早くからアレルギーやハラル対応を行ってきました。今回のハラル認証取得は、昨年2月のグルテンフリー認証取得に次いでアレルギーとハラルのダブル認証で、日本では極めて珍しいケースです。今回は米粉パスタ、ヌードルなど計9タイプの商品で認証を受けましたが、現在、大豆製品も準備中で、かねてより欧米などへの輸出実績のある同社は、この認証取得で今後さらに欧米を中心にイスラムマーケットに向けた輸出に弾みをつけたい考えで、世界に羽ばたく注目の企業です。

小林生麺株式会社は、昨年度の岐阜県主催『イスラム教徒向け商品開発・環境整備事業』を受託したハラルビジネスの支援団体である一般社団法人ハラル・ジャパン協会(本部事務局:東京都豊島区/代表理事:佐久間朋宏)のセミナーへ事業参加したことを契機に、その後も協会を通じて基礎の学習、サポート、アドバイスなどを受け、ハラル認証を取得、発売に至りました。
同社は、グローバルスタンダードのトレンドの中で、広く柔軟な視野に立ち、自社の製品の持つ価値をさらに高めたと言えます。この取り組みは、日本の中小企業、地方企業にとってハラルビジネスの成功モデルになることでしょう。


※アメリカの認証機関 ifanca(http://www.ifanca.org/)
日本の認証機関 日本アジアハラール協会(http://web.nipponasia-halal.org/
※一般社団法人ハラル・ジャパン協会は、アセアン、中東などイスラム諸国の輸出・進出・インバウンド対応に特化したビジネス支援を行っています



□商品・企業に関するお問合せ先
 小林生麺株式会社 担当/長屋・犬飼
 住所:〒500-8172 岐阜県岐阜市白山町2-23-5
 TEL:058-262-9374
 HP: http://www.kobayashiseimen.jp
Mail: kobamen-kk@basil.ocn.ne.jp
設立:昭和22年 12月創業

□ ハラルに関するお問合せ先
一般社団法人ハラル・ジャパン協会 担当/荒深・佐久間 
TEL:03-4540-7564  FAX:050-3730-7549 
HP: http://www.halal.or.jp/
Mail:info@halal.or.jp
設立:2012年10月1日 

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.