ハラル事業部 TOP >  ハラルニュース >  新宿・大久保界隈のハラルショップ&業務スーパーからの考察

新宿・大久保界隈のハラルショップ&業務スーパーからの考察

新宿にはハラルショップが日本で一番密集しています。
その数が10店は超えたと思います。ハラルショップのメッカです。

IMG_5165


その新宿・大久保界隈のハラルショップはバングラデシュ、ネパール、パキスタン人が経営している店が多いです。
オーナー自国のモノを輸入し多く扱っている傾向です。

2年前位まではマレーシア、インドネシアを中心にしたハラル認証の新商品が、所狭しと置かれていました。
代表的な商品はインスタントラーメン、カップラーメン、調味料、そしてスナック菓子を代表とするお菓子でした。
最近の新商品の特徴はベトナム産ハラル、タイ産ハラル商品が多いことが特徴です。

しかも発注している会社は日本企業が多いです。
中にはPB(プライベート自主ブランド)での商品も多くあります。

イオン(トップバリュー)、神戸物産、アライドコーポレーション(タイの台所)などたくさんあります。

日本規格で作るハラル商品はインドネシア・マレーシアが重要ではありますが、同じアセアンのタイ・ベトナムでのOEM生産が今後伸びそうです。





新宿大久保から見る考察です。

代表理事 佐久間朋宏

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.