ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラルニュース >  ハラルマーク(認証)も様々な形がある。 東北大学生協の食堂の例

ハラルマーク(認証)も様々な形がある。
東北大学生協の食堂の例

先週24日宮城県庁に打ち合わせに行った後、東北大学工学部にお邪魔して来ました。

IMG_4785

宮城県でイスラム教徒向けのビジネスをする上で外せないのが大学(留学生)と地元のコミュニティーです。
このエリアでは東北大学と仙台イスラーム文化センターだと思い、情報収集含め、表敬訪問しました。


幸いにも高校の同級生が東北大学で准教授をしています。
私は工学部工業化学が専攻でした。
地熱発電等の研究者で、3年間ほどインドネシアのバンドン工科大学のも席を置いたことがあるので、非常にインドネシアやイスラム教徒にも明るい方です。

IMG_4798


訪ねて見たら、まず驚いたことに東北大学生協学食にハラルメニューがちゃんとありました。
※工学部の学食を訪問したなぜ「ハラルメニュー」と言ったかは後から説明いたします。


その日のメニューは、
◎ベークドチキン
◎サバ塩焼き
◎ハラールチキンカレー
の3品でした。

halal


そこにご飯やサラダなどをチョイス、人によりますがみそ汁、デザートなども選べます。


IMG_4792←左の写真にあるようにハラルのマークがあります。
したがってハラルメニューと言いました。

ただしこのハラルマークは通常のハラル認証マークとは意味が違います。

「東北大学生協ハラールメニュー自主基準」です。

東北大学イスラム文化協会と東北大学生活協同組合でで作ったマークです。
しかも常に張り出してあります。


つまり留学生自身が自分達の為に協力してできたマークなのです。

ムスリムの、ムスリムによる、ムスリムのための基準なのです!
素晴らしいシステムだと思います。


日本中の大学(教育機関)がイスラム教を正しく学習し、ハラルもちゃんと学び、ムスリム留学生と相談しながら基準を作り、実施する、そんな環境整備を作ることがとてもいいことだと思います。

東北大学生活協同組合のモデルがどんどん普及して行くことを期待しながら、当協会も教育機関、地方公共団体等の施設は更に支援していきたいと考えます。

杜の都仙台からでした。



ハラル・ジャパン協会 代表理事 佐久間朋宏

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.