ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラルニュース >  「ハラール関連食品商談会 in 仙台」レポート①

「ハラール関連食品商談会 in 仙台」レポート①

TKP仙台東口ビジネスセンターで2月8日に「ハラール関連食品商談会 in 仙台」が開催されました。今回はハラール及びベジタリアン対応などを推進している県内食品製造事業者と食品バイヤーとの商談会です。宮城にいながら自社製品を国内外のバイヤーに売り込むことができるということで、約25社の県内事業者にご参加いただきました。バイヤーは大手商社やコンビニエンスストア、マレーシアへ輸出を行っている企業など、各分野で知名度が高いこちらの8社です。

株式会社三越伊勢丹 三越伊勢丹での食品・ギフト販売、レストラン統括事業
株式会社ファミリーマート ファミリーマート商品販売、 中食構造改革推進事業
エス・ロジックス株式会社 食品・化粧品・伝統工芸品等の海外展開事業
双日食料株式会社 食料原料・加工品の品質管理、商品開発、物流事業
ふぁんじゃぱん株式会社 三井アウトレットモール・日系百貨店、現地流通にて日本の商品を販売
広洋貿易株式会社  寿司種製品等、水産物の輸出入業務及び国内卸売業
AS Link株式会社 東京ハラルデリ&カフェ  ハラル学食経営、農産物・加工品輸出事業
株式会社日本アクセス  食品の販売・輸出入・分析業務及び貨物自動車運送事業、情報処理サービス

 
商談は固定されたバイヤーを県内事業者が30分交代でまわる形でスタートしました。


各テーブルでは、持ち込んだ食品サンプルをバイヤーに試食してもらい、高い評価を得ている企業も多くみられました。30分という限られた短い時間の中ではありましたが、自社商品の試食をしてもらうことで、美味しさやメリットをダイレクトに売り込むことができたのではないでしょうか。


商談会では牛たん弁当や仙台麩など、宮城県らしい多彩な食材を使用した商品が多く集まりましたので、その一部を紹介します。

 

国産大豆で全国納豆鑑評会受賞の川口納豆

65年の歴史をもつ(有)川口納豆は、大手百貨店などでも販売している知る人ぞ知る納豆メーカーです。昔ながらの味と品質にこだわった納豆は、県内だけではなく多く方に愛され続けています。通常の納豆のほかに、納豆ふりかけや納豆せんべい、フリーズドライ納豆なども販売しており各種展示会でも注目を集めています。


 

モリヤの無添加にこだわった「骨まで食べれるふっくら」シリーズ

気仙沼の旬の魚を、独自の製法でおいしさと骨の脆弱化を両立させたのが「骨まで食べれるふっくら」シリーズです。こちらのシリーズは、あたためるだけで「すぐに食べられる」のも特徴で、ムスリム試食会では調理が簡単で味が良いと好評の商品でした。
(株)モリヤでは気仙沼発、水産加工のオンリーワン企業として、多様なスタンスで多彩な商品提供をしています。


 

ハラール認証取得のブラックダイヤモンド(黒ニンニク)

エーエスジェイ(株)は水処理などの水道事業を主な業務とする企業ですが、水処理技術の輸出やニンニク栽培などの事業も行っています。こちらはインドネシア産のニンニクで作った黒ニンニクの「ブラックダイヤモンド(Black Diamonds)」です。ハラール認証を取得し、既にインドネシアで販売している現地でも人気の商品です。


「ハラール関連食品商談会 in 仙台」レポート②へつづく

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.