ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラルニュース >  第1回「宮城県ハラール対応セミナー&試食会」レポ

第1回「宮城県ハラール対応セミナー&試食会」レポ

宮城県の「ハラール対応食普及促進事業」がスタートしました。こちらは宮城県内の飲食業やホテル関連の方のための、継続的にハラールを学べて実践ができる体験型の事業プログラムです。その記念すべき第1回目の、試食会つきセミナーが24日に行われました。当初、定員30名の予定でしたが応募が予想以上に上回り約90名に増やしての開催です。場所はムスリム対応を実践中の仙台ロイヤルパークホテル。まるでヨーロッパのお城のような内外装と広いガーデンが特徴の仙台屈指の高級リゾートホテルです。

はじめに主催者の宮城県農林水産部・食産振興課の成田主任主査からご挨拶をいただき、次に当協会の代表・佐久間がハラールの基礎を講演し、その後でホテル・飲食店・製造業の4人の代表によるムスリム対応最新事例と取り組みを紹介していただきました。ご登壇いただいたのは、仙台ロイヤルパークホテルの総料理長・池田一之氏。くすもとのオーナーシェフである楠本勝三氏。王様製菓株式会社の代表取締役社長・木村秀雄氏。ハラルフードサービス株式会社の代表取締役社長・馬場隆光氏です。短い45分間でこれでもかというくらい内容がぎっしりと詰まったセミナーでした。

後半の試食会では、会場をかえて約15種類のハラール料理をビュッフェ形式で楽しみながら名刺や意見の交換が行われました。お料理を提供していただいたのは、仙台ロイヤルパークホテル、くすもと、東北大学ムスリム留学生有志です。

ナシゴレン 提供:東北大学ムスリム留学生有志



 

ハイビスカスのジュレ・白身魚のモロッコスパイス焼き 提供:仙台ロイヤルパークホテル



 

仔羊ロースト&和風ソース 提供:くすもと



ビュッフェで出されたハラール料理は、参加者が手軽に作れるようにシェフのマル秘レシピが配られました。気になるムスリムからの反応も「美味しかった!」と好評で、さらにムスリムから喜ばれる味付けや調理方法のアドバイスなどもあり、タイトなスケジュールではありましたが有意義な時間を過ごせたと思います。

東北大学のムスリムと仙台ロイヤルパークホテルの総料理長



次回12月6日は、仙台市内におけるハラール対応の先行事業者を見てまわる「ハラール対応視察ツアー」です!定員30名、先着順なのでお早めにお申し込みください。詳細はコチラからどうぞ。

ハラール対応視察ツアー参加者募集のご案内



宮城ハラール対応視察ツアー20171206

(土岐)

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.