ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラルニュース >  【ハラルアカデミー】初級・中級者向け「第49期ハラルビジネス講座」レポート

【ハラルアカデミー】初級・中級者向け「第49期ハラルビジネス講座」レポート

「第49期ハラルビジネス講座」が中央区京橋のアットビジネスセンター東京駅で23日に開催されました。こちらはハラルビジネスの本質を理解するための座学講座です。2013年から開始してこれまでに550名以上の方に受講していただいています。講師は当協会の代表で年間100本 以上のセミナー・講演・企業研修を実施するハラルビジネスの伝道師、佐久間です。


初級・中級者向けのコースでは、はじめての方でも理解できるようにハラルビジネスの基礎からインバウンド・輸出・進出まで様々な事例や最新ニュースも入れながら楽しく学べるようになっています。こちらの1day講座は1日集中して勉強ができるので、忙しいビジネスマンに非常に人気があるコースです。第49期では行政関係の方やマレーシアに留学していた大学生なども参加していました。講義は10時から行われ、午前中は「第1講義:ハラルビジネスの基礎とイスラム教の基本」。ムスリムとは?ハラルとは何かという基礎とハラルビジネスの参入方法を2時間しっかりと学びました。

お昼の休憩は自己紹介をしながら、講師と受講生の皆さんでお弁当を食べました。ご用意させていただいたのは(株)トゥーバトレーディングさんの「トルコBENTO」です。6つの仕切りにトルコの家庭料理をギュッと詰め込んだ、彩り豊かな弁当です。もちろんハラルです。東京駅ではこのようなハラル弁当がいくつか売られています。パッケージを見ただけで内容が一目瞭然です。英語の表記はもちろん中に入っているメニューの説明書の書き方なども勉強させていただきました。


中身はピリッと辛みのきいたピラフ(右下)や、クリーミーなチーズポテトをたっぷりとのせたミートローフ(中下)。摩訶不思議な食感のお焼き(左上)など、はじめて食べたトルコ弁当の味で話が盛り上がりました。

トルコ弁当



休憩でリフレッシュし、午後の講義がスタートです。「第2講義:ハラルマーケティングの基本」では、観光客に対する国別対策や日本が輸出しやすいもの。「第3講義:国内・海外の事例徹底研究」では、海外のホテルやレストラン・商業施設の違いを学び、第4講義で今日一日を振り返りました。そこで講義を受けた鈴木さんに感想を伺ってみました。


ーー私はイスラム教国家であるマレーシアへ半月留学していたことから今回のセミナーに参加してみようと思いました。本日1番の学びは、イスラム教徒へ向けたハラル対応だけを考えるのではなく、オーガニックやベジタリアンに向けた食も合わせて考えていくという共通性と多様性を学びました。今日得た知識を今後、起業する際にも活用していきたいと思います。参加できて良かったです。ありがとうございました!




今回は若い女性ばかりの華やかな「第49期ハラルビジネス講座」でした。ハラルアカデミーでは輸出・進出及びインバウンドにおける基本対応を学ぶことができます。企業や自治体、今後ハラルビジネスをはじめたいという方におすすめのコースです。皆さま一人ひとりの目的に合わせた、ハラル事業への参入方法や判断材料などを持ち帰っていただければ幸いです。ご興味のある方はコチラをご覧ください。

(土岐)

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.