トップページ >  ハラルニュース >  魚の普及とハラルの普及

魚の普及とハラルの普及

今週末、10月28日(金)に、青森県にて水産加工品とハラルに関するセミナーを開催します。
水産関係者の方はぜひ来て下さい!

img_20161001_151414


水産加工業販路拡大セミナー

東南アジア・中東ハラル市場参入セミナー開催
http://www.suisankai.or.jp/

【内容】
ハラルの基本知識、水産物でハラル市場に対応する
ポイント、お客様のニーズ等をわかりやすくお話します。

【場所】
・2016年10月28日(金) 14:30~16:00 (HACCP講習会終了後)
青森県・八戸ワシントンホテル 9 階「ワシントンホール」

【大日本水産会】
※水産庁補助事業「復興水産加工業販路回復促進事業」
 同時開催:水産加工業者向けHACCP講習会

————————————————————————————-

%e5%b1%b1%e5%be%b3%e5%b9%b3%e5%a1%9a%e6%b0%b4%e7%94%a3僕は魚料理が好きです。食卓にもっと魚料理を並べて欲しいです。
魚は基本ハラルですから・・・。

大日本水産会(水産庁の外郭団体)と3年以上前から実質提携をしています。
メインテーマは東日本大震災で失った販路を国内の新しい販路に、そして世界中に人々に三陸の魚介を食べてもらう為です。

ホタテは日本から輸出する大事なエース食材に成長しましたが、その他がまだまだエースにまで育ちません。

日本人1人あたりの魚介類の消費量が15年前に比べ30%もダウンしています。ただ食べなくなっただけでなく、魚の普及にはとても時間がかかります。手法として「料理教室」がポイントの1つと思います。
スーパーで売っている切り身が海や川で泳いでいるわけではありませんから・・・。(笑)

そしてレシピの普及です。
ナマ、焼く、塗る、蒸す、揚げるなど何種類も料理方法があります。
魚料理は決して面倒ではありません。

ハラルの料理も魚料理の普及方法と同じで難しく考えないほうが
いいと考えます。
簡単らくらくなハラル料理も魚料理もあります。

料理動画、SNSをもっと使い普及をできればいいとかんがえます!
普及には時間とコストがかかりますから、地道にコツコツです。

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.