ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラルニュース >  ブランド認定コンテスト&料理マスターズ

ブランド認定コンテスト&料理マスターズ

ハラル商品を売るには「賞」をもらう戦略があります。
我々ハラル・ジャパン協会と提携している日本食糧新聞社様からの案内です。
※特に近畿・中国・四国地区の方に案内です。

2016_rmb



「料理マスターズ ブランド」認定プロジェクト
ブランド認定コンテスト&料理マスターズです。

http://ryori-masters.jp/brand_contest/

ハラル商品開発中商品でも構いません!

1つはコンテスト応募用で、書類の〆切日は5月13日で皆さまにご案内ください。
*このメールの下の方に応募内容のテキストを貼り付けています。

別ファイルは、聴講者用のご案内です。無料参加できます。
下記参照頂き応募下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「料理マスターズ ブランド」認定プロジェクト
ブランド認定コンテスト&料理マスターズシンポジウム 関西大会

日時 2016年6月19日(日)
会場 ハグミュージアム
   5F ハグホール
   大阪市西区千代崎3丁目南2番59号
主催 料理マスターズ倶楽部
協賛 ヤンマー株式会社
   大阪ガス株式会社
   福島工業株式会社

これからの日本の農林水産業には、生産物に付加価値をつけるということが求
められています。農林水産業に従事される生産者は食材を自身で加工し、直売
所や道の駅で販売したり、農家レストランを経営したり、生産したものをどうやっ
て消費者につなげていくかという課題に直面し、いろいろと模索しています。
こうした「食」をめぐる取り組みにはオリジナリティ・地域の特色を活かすこと
が必要と言われますが、それを生産者自身が見つけることはなかなか困難です。
そこで、「食」の専門家である料理マスターズ受賞者の知見を活かそうという
ことが、このプロジェクトの目的です。一流のプロの料理人が、食材の付加価
値化に取り組んでいる生産者に対して、最善の手法を見つけていくための機会
を提供し、より豊かな食の実現に向けた後押しをする。それが「料理マスター
ズブランド認定コンテスト」です。
この機会にぜひ、応募してみませんか。思い切ってチャレンジすることで新た
なマーケットを切り開いていけるでしょう。

料理マスターズを
受賞した料理人が
審査委員を務めます

プログラム
12:30~14:45【第1部】 コンテスト第二次審査・ノミネート品の
             プレゼンテーション
審査委員長 森  義文 氏 (カハラ)
審査委員 穴見 秀生 氏( 本湖月)
伊藤 剛治 氏( 比良山荘)
井上 知城 氏( TOMOSHIRO INOUE)
川島  宙 氏( アコルドゥ)
楠田 裕彦 氏( メツゲライクスダ)
徳岡 邦夫 氏( 京都??兆)
徳山 浩明 氏( 徳山鮓)
中東 久雄 氏( 草喰なかひがし)
西原 金蔵 氏( パティスリー オ・グルニエ・ドール)
久田 和男 氏( すし処ひさ田)
福本 伸也 氏( カ・セント)
松尾 英明 氏( 柏屋 大阪千里山)
山口  浩 氏( 神戸北野ホテル)

認定品は
「料理マスターズブランド」
認定マークを付けて
販売することが
できます

15:00~16:30【第2部】 料理マスターズシンポジウム
シンポジウムパネリスト?伊藤 勝康 氏 (ロレオール 田野畑)
北沢 正和 氏( 職人館)
宮本 けんしん 氏( リストランテ・ミヤモト)
モデレータ 民輪 めぐみ 氏( 料理王国 編集長)

16:35~17:00【第3部】 審査結果発表・授賞式


応募の対象となるもの
◆ 関西および中国・四国地方で生産していること
主原料を滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛
媛・高知の15府県のいずれかで生産し、加工していること。その他の原材料は、原則
として国産品とします。

◆ 生産者と加工業者の連携が緊密であること
加工者は原材料の生産者と緊密に連携し、地場の原材料を使用していること。加工
者は生産者でも第三者でも構いません。


◆ 新しいものの掘り起し
応募の時点で、原則として今後半年以内を目処に販売を開始する、もしくは発売から
1年以内の製品であること。

◆ 商品開発のストーリー性、環境への配慮
「もったいない精神を活かした」「環境への負担が少ない」など、商品誕生の背景に
物語性のある加工品を求めています。

◆ 加工品であることの意味
規格外品を商品化できたことなど加工することに意味があること。


応募方法   応募書類締め切り2016年 5月13日(金)必着
◇応募を希望される方は、上の表に必要事項をご記入の上、倶楽部事務局へFAXにてお送りください。折り返し応募用紙と応募要
項をお送りいたします。応募用紙応募要項は倶楽部HP(http://ryori-masters.jp/)よりダウンロードしていただくこともで
きます。応募用紙にご記入の上、下記の応募先へご提出ください。
◇第一次審査では審査委員による実食審査を行います。試食品を5月中旬に大阪市内へお送りいただきます。
 試食品の送付先は応募用紙受領後、あらためて事務局よりご連絡いたします。
◇第一次審査(5月中旬予定)を実施し、通過した品を対象に6月19日に本選(第二次審査)を行います。
◇6月19日(日)当日は本選会場にて加工品のプレゼンテーションを行っていただきます。
応募は6月19日(日)にご参加いただける方に限らせていただきます。
◇出品費用はかかりません。但し、試食用加工品の送料等は応募者にご負担いただきます。
◇応募は生産者、加工者どちらからでも可能です。

応募書類の送付先
料理マスターズ倶楽部 
ブランド認定プロジェクト事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー801
FAX: 03-3568-2971 TEL: 03-3568-2475
MAIL: info@ryori-masters.jp

○ 認定された加工品は、料理マスターズブランド認定マーク
を付けて販売することができます。
○ 二次審査に進んだ加工品は、認定からもれた場合であっ
ても審査委員からアドバイスをもらうことができます。
○ 認定加工品には、希望があれば料理マスターズが製品を
使用したレシピを提案いたします。
皆さまのご応募を
お待ちしています!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.