ハラル事業部 TOP >  ハラルニュース >  東南アジア、中東マーケットを狙え! 岐阜県ハラールチャレンジプロジェクト インドネシア・ドバイ現地調査報告会

東南アジア、中東マーケットを狙え! 岐阜県ハラールチャレンジプロジェクト インドネシア・ドバイ現地調査報告会

日時:2016年3月15日(火)13:30~15:30
会場:じゅうろくプラザ4階 研修室2
    (JR岐阜駅前、岐阜市橋本町1-10-11)

国内市場が縮小を続ける一方で、世界には拡大する市場があります。
その一つがイスラム教徒(ムスリム)マーケット。
世界に16億人、つまり世界人口の約4分の1を占める巨大市場です。

イスラム諸国は人口が増え、経済成長率も期待できる市場です。
宗教上の制約に対応できれば、多くのチャンスが見込めます。

そこで今年度、岐阜県は「岐阜県ハラールチャレンジプロジェクト」として、
イスラム圏市場の開拓を目指す県内企業を募集し、
これまで5回にわたり、様々な講師をお呼びし、イスラム圏開拓につながる
セミナーと相談会を開催してまいりました。

その締めくくり、6回目となる最終回は、現地視察の報告会です。
本プロジェクト参加企業以外の皆様にも広くご参加いただける形にしました。

最終回では、注目のインドネシアとドバイ、2つのイスラム圏市場を
訪問した生の現地情報をお届けし、岐阜県の企業が輸出や進出などで
市場参入するための課題や成功例を知り、自社の取組み方や
ターゲット市場をイメージしていただくことを目標としています。

ぜひ本セミナーにご参加のうえ、イスラム圏での取引の
可能性を見つめてください。

ご参加の事前に方は事務局までメールや電話にてお名前をお知らせください。
皆様のご参加をお待ちしております!

●日時 2016年3月15日(火)13:30~15:30
●会場 じゅうろくプラザ4階 研修室2
     (JR岐阜駅前、岐阜市橋本町1-10-11)

●参加対象
岐阜県内に事業所を有し、イスラム市場開拓に関心のある、
食品、観光(旅館、ホテル、飲食店等)、化粧品、流通業者等

●内容
インドネシア、マレーシア、ドバイおよび中東について、
基礎的な情報と現地視察結果を報告する。
1.基礎情報
2.現地の市場
3.ハラル認証の必要性、効果
4.輸出、進出の可能性、
5.インバウンド観光客の可能性
6.現地視察・展示会レポート
インドネシア・イオンモール
Gulfood 2016(中東市場向け食品展示会)
SIAL Middle East(中東市場向け食品展示会)
Arabian Travel Market(アラビアントラベルマーケット:中東市場向け旅行展示会)

●お問合せ、お申込
非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会
(「岐阜県 県産品(加工食品等)のイスラム市場開拓事業」業務受託者)
事務局(担当:中川、吉田)
Tel: 03-4540-7564 Fax: 03-5950-0698
info@halal.or.jp

※ハラールチャレンジプロジェクトとは:
ムスリムには食品など宗教的な制約があるものの、
その制約は地域・個人差など多様です。
イスラム市場開拓の際、まずはハラールをはじめとする
正しい知識を習得したうえで、ターゲットをどのように絞るか
といった戦略が必要とわかってきました。
ハラールチャレンジプロジェクトでは、5回のセミナーを通じて、
各企業がハラルの基本からハラール認証、消費者としての
ムスリムのし好、各国の輸入規制など、ハラールビジネスに
取り組む際に必要な知識を身につけ、また毎回のセミナー後に
専門家に相談することができます。

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.