ハラル事業部 TOP >  ハラルニュース >  食品開発展2014に出店いたしました

食品開発展2014に出店いたしました

ハラル・ジャパン協会ブース大盛況!500社以上が訪問、相談
有料ハラルビジネスセミナーも115人以上が講座受講


食品開発展2014


2014年10月8日、9日、10日と東京ビックサイトで出展登録社数590社、出展小間数820小間
国内511社・海外79社、来場者数41,095人で大盛況で終了致しました。
来場者数内訳 2014年10月8日(水) 13,645人(2013年:12,695人)
記念セミナー合計1,973人で「イスラムビジネスの基本と成功の条件」も115人以上の方に受講頂きました。
3時間にわたる長い講義です。

食品開発展 ハラル・ジャパンブース当協会ブースは美しくディスプレーされ、会員商品や協賛会社商品で広報・PR商談できました。

共催記念セミナーも20億の人口を抱えるイスラムマーケットで成功する条件として日本企業はどのような
課題をクリアしなければいけないか。宗教の違いはもちろん、国による商習慣の違い、購買力の違いなど
把握したうえで、認証組織の選択が必要となる。既に海外で成功している企業、また失敗例から何を学ぶ
ことができるか、またけ国内向けハラルにはどのような可能性があるのか?等について講演させていただきました。

食品開発展 セミナー宗教法人日本ムスリム協会 理事 遠藤利夫様、デロイト トーマツ コンサルティング(株) マネジャー
安井啓人様、(一社)ハラル・ジャパン協会 代表理事 佐久間朋宏の3人で行いました。

2015年3月にも主催が同じUBMメディアの健康博覧会でも同様の企画が企画されています。
楽しみにして下さい。

(文責:佐久間朋宏)

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.