トップページ >  ハラルニュース >  「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」出展

「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」出展

シーフードショー8月20日(水)~22日(金)東京ビッグサイトで開催されたジャパン・インターナショナル・シーフードショーに当協会が参加しました。
3日間の来場者30,000人を超える水産関係のイベント!

当協会はブース出展のほか、会場にて「ハラルビジネス成功のための条件とマーケティングの重要性」というセミナーも22日に実施させていただきました。
参加してくださった方、ブースに足をはこんで下さった方、改めて御礼申し上げます。


▶ジャパン・インターナショナル・シーフードショー
 http://www.exhibitiontech.com/seafood/




P1000154P1000152

「水産業×ハラル活用」は日本の大事なテーマの一つです。これは同時に「復興支援×ハラル」であることも含みます。日本の海産物の美味しさをぜひイスラム教徒の皆様にも味わってほしい、そのために微力ながら当協会がお手伝いできればと思います。


「イスラム教徒×水産業」がイメージできなければ、海外に水産関係で輸出・進出のイメージも同様に湧きません。しかし国内ニーズの話や加工商品や業務用マーケットの話をするとすぐにイメージが湧き、ビジネスヒントとしてイスラムマーケットに前向きになります。

そもそも魚はハラルだからそんなに難しくないね?またイスラム圏に売るのに絶対ハラル認証がいる訳ではないのね・・・・等々と。

まず日本のものはそのままで売れるかわかりませんから、まずテストして食べてもらって下さい。そこからがスタートです。ドバイでかまぼこが大ブームになるかもしれません、また日本と同じものが全然嗜好に合わないかもしれません。そこはやはりテストです。
テストのためのお手伝いやリサーチなども当協会は行っています。

日本の市場は、人口減・超高齢社会(高齢社会ではないです!超です)など未来はマイナス要因でいっぱいです。
少しだけ「ハラル」の知識を一緒に勉強していきましょう
よきビジネスを一緒にできますように。


一般社団法人ハラル・ジャパン協会 代表 佐久間

分類から探す


このカテゴリーの記事一覧 最近の投稿 アーカイブ

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.