ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラル(ハラール)について >  ハラルビジネスの進め方

ハラルビジネスの進め方

ハラルビジネスで一番大事な事は、まずイスラム教とハラルへの理解です。
商品の流通・販売の場合、今よくハラル・ジャパン協会に来るお問い合わせは「ハラル認証を取得したが売れないがどうしたら良いか」というものです。
ハラルに対応すると同時に、消費者であるムスリムのし好(好きな味や香りなどの傾向)を調べなければ結局は売れません。
しかも全世界に広がるムスリムのし好は1つではありません。地域によって好みや違いがあることにも気をつけましょう。

ホテル・レストランの場合は、ハラル認証を取得しなくても、ムスリムのお客様とコミュニケーションを取りながら対応している事例もあります。
どこまで対応するのか、あるいは対応しないのかを決め、研修しマニュアルをつくって社内で共有する事が大事です。

また、ムスリムに対応する事でマスコミや口コミなどによる高いPR効果を得た企業もあります。

ハラル・ジャパン協会ではそれぞれの段階で企業の皆さまのニーズに応じたサービスを提供しています。
ぜひご相談ください。

商品

商品の販売フロー

商品販売までの開発フロー図です。
まずはハラルビジネスに関する基礎や、イスラム教への理解、ハラル市場・認証について知る事が大切です。「認証」にとらわれず、まずは知ることから初めてください。
また商品によって当然市場も売り方も異なります。実際にハラルビジネスに参入する前に、ムスリムへアンケートを取って実際の声を聞くことや、輸出の際には現地視察などにより現地の実際のマーケット調査をお勧めします。

観光サービス業

観光サービス業のフロー

観光サービス業向けのフロー図です。
インバウンドにおいては、厳格なムスリムに対して100%満足してもらえる対応を整えるのは、日本国内においては非常に困難です。
何をどこまで対応するのか?どのような対応をするのか?まずは社内での基準を作ってください。
作成した基準を全従業員が対応できるように「マニュアル作成」や「教育」も必要となってきます。またムスリム対応を行ったから一気にムスリムが訪れるなんてこともありません。しっかりとしたPR・マーケティング体制も事前に立ててください。

会員申込
ハラル対応ハンドブック
協会案内ダウンロード
メールマガジン登録
研修・講演依頼
地銀13社との業務提携
ハラルアカデミー
ハラルビジネス実践会
講師派遣

[PR]

やまとごころ アジアフード アフリカ商会 バイヤーズガイド Habibi Japan アーレムジャパン JLAA 宅配ハラール弁当のHALAL DELI(ハラルデリ)

[関連団体リンク]

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.