ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラル(ハラール)について >  ハラル認証の実態

ハラル認証の実態

ハラル認証制度とは

食品加工技術、流通が発達するにつれ、一般的なムスリムの消費者には、目の前の商品がハラルなのか、ハラムなのか判別しづらくなってきました。

そこで宗教と食品科学の2つの面から、専門家が、ハラルであることを保証する制度が登場しました。
それが「ハラル認証」という制度です。1970年頃マレーシアで始まったと言われています。

ハラル認証制度には「農場からフォークまで」の考え方があります。
つまり原料から流通・製造を通じて消費者が消費する瞬間までハラルであるべきと考えられています。

製造現場では、施設・設備が常にハラルである事、使用する原料が常にハラルである事が監査されます。
そしてその製造現場で作られた製品がハラルである事を認証することになります。
ハラル認証では従業員教育、組織としてのマネジメント体制の確認も求められます。
現場の従業員、管理者の理解が不足していると、ハラルでないものが混ざってしまうおそれがあるからです。

世界のハラル認証現在ハラル認証機関は世界に200以上あると言われています。
日本でも当協会が確認しているだけで15以上の認証機関があります。(2015年12月現在)

ハラル認証には世界的な統一基準がまだありません。
宗派や宗教指導者ごとの見解の違いがあり、ハラル性についての解釈が異なるためです。
たとえばマレーシアなど国家レベルが整えた国内統一基準を持つ国もありますが、設立自体が自由であるため、それぞれの認証機関独自で定めた基準を使っている国・地域が多いです。

また、提携のような形で、他の認証団体と同じ基準でハラル認証を行なっていることを示す「相互認証」などの仕組みもあります。
現在基準を統一しようとする動きはありますが、その一方で国同士の統一基準の主導権を握ろうとする動きも起こっています。

ハラル認証団体については全世界的に規制がありません。
例えば日本では許認可も届出も必要なく、誰でも始められる状況です。

業界としては新しく、世界が注目し始めたばかりの市場なので、まだまだ変化が激しい時期と言えます。
今後も最新の情報収集が必要です。

ハラル認証取得のメリット

ハラル認証を取得することで、ムスリム消費者へのアピール効果は大いに高まります。
同じムスリムで専門的な知識のある人がチェックをして保証した商品の安全・安心のマークだと受け止める人が多いからです。

また、国によっては輸入規制のようになっており、特定のハラル認証機関からハラル認証された製品のみをハラル認証製品として輸入を認めることもあります。

ハラル認証取得は必須なのか

マレーシア・インドネシアを中心とする東南アジアの国々では国としての規制があり、消費者のハラル認証に対するニーズも高いため、ハラル認証があるとより多くの消費者により強く訴求できると思われます。
ただし、どの認証を取れば有利に働くかは市場となる国によって異なります。
その他の国や地域ではハラル認証は必須とは限りません。最終製品の成分で判断する国や地域もあります。消費者側にハラル認証に対するニーズがれほど高くない地域もあります。

会員申込
ハラル対応ハンドブック
協会案内ダウンロード
メールマガジン登録
研修・講演依頼
地銀13社との業務提携
ハラルアカデミー
ハラルビジネス実践会
講師派遣

[PR]

やまとごころ アジアフード アフリカ商会 バイヤーズガイド Habibi Japan アーレムジャパン JLAA 宅配ハラール弁当のHALAL DELI(ハラルデリ)

[関連団体リンク]

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.