ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラル(ハラール)について >  イスラム教とは?

イスラム教とは?

イスラムとは

ハラルをよく理解するためには、イスラムについて知ることが大切です。
イスラムは1400年前にアラビア半島で始まった教えで、この教えを信じる人々がイスラム教徒(ムスリム)と呼ばれます。

イスラム教徒は、この世に唯一の神(アッラー)を信じて帰依し、神の教えを日々実践して生活する人々です。彼らにとって、信仰の告白、礼拝、喜捨、断食、聖地メッカへの巡礼からなる5つの基本行為、および神の教えで定められた行動規範を守ることは義務とされています。


義務と言っても強制的に強いられるものではなく、喜んで行なう行為です。
日々の行動で信仰を表すことが、キリスト教や仏教など他の宗教との違いです。

日々の行動の中にはもちろん食事も含まれます。
したがって食事のつど、神の教えで禁じられた食品や成分を避ける行為は、信仰の実践にあたります。

世界のイスラム教徒

現在全世界に16億人以上のイスラム教徒(ムスリム)がいると言われています。

中東に暮らすムスリムはほんの一部にとどまります。
世界最大のイスラム人口を持つ国がインドネシアで、人口2億5千万人のうち9割近くの2億2千万人がムスリムです。

世界のムスリムの半数以上はアジアに暮らしており、パキスタン、バングラデシュ、インドなどが多くの人口を抱えますが、ヨーロッパに4千万人以上、中国にも2千万人以上が暮らしているなど全世界に広がりをみせています。

日本のイスラム教徒

現在日本に生活するムスリムは人口10~20万人いると言われています。(調査によって結果に差があります)

大都市圏に多いですが、ムスリムの留学生も国立大学を中心に各都道府県に在留しています。
また、企業研修生として日本に来ているムスリムもいます。
訪日観光客のなかでのムスリムの割合はそれほど高くありませんが、数十万人規模で訪れていると推計されています。

会員申込
ハラル対応ハンドブック
協会案内ダウンロード
メールマガジン登録
研修・講演依頼
地銀13社との業務提携
ハラルアカデミー
ハラルビジネス実践会
講師派遣

[PR]

やまとごころ アジアフード アフリカ商会 バイヤーズガイド Habibi Japan アーレムジャパン JLAA 宅配ハラール弁当のHALAL DELI(ハラルデリ)

[関連団体リンク]

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.