ハラル・ジャパン協会 TOP >  ハラル(ハラール)基礎知識

ハラル(ハラール)について

ハラルの意味

ハラル イスラムの教えで「許されている」という意味のアラビア語がハラール(ハラル)【アラビア語: حلال Halāl 】です。反対に「禁じられている」と言う意味の言葉が「ハラーム(ハラム)」です。ハラームをノンハラール(ノンハラル)と言う人もいます。

ハラルやハラムはモノや行動が「神に許されている」のか「禁じられている」のかどうかを示す考え方です。例えば、嘘をついたり物を盗んだりすることは「ハラム」とされます。
ハラルとは神に従って生きるイスラム教徒(ムスリム)の生活全般に関わる考え方であり、ハラルマーケットは、ムスリムの日々の生活全てに関わる商品やサービスなどの提供を全て含んだ、とても幅の広い市場なのです。


ハラルについて、多くの方が「ハラル認証(後述します)」のイメージと結びついているようですが、しかし実際はイコールのものではありません。
ハラルビジネスをする(イスラム教徒向けの商品を供給する、サービスを提供する)際にはこの点の理解が大きなポイントになります。

ハラルなもの、ハラムなもの

ハラルが何かを暗記するのはあまり意味がありません。むしろイスラムの教えで「ハラム」とされるものを理解して、それ以外がハラルだと考える方法が良いでしょう。

まずハラムとされるものをみていきます。

『豚』は、その派生物を含めて全てが禁じられています。
豚以外の肉についてもイスラムの教えに則った方法でと畜・加工処理されなかった肉についてハラムとみなされます。
※肉についてハラルを意識するムスリムの割合は非常に高いです。

『酒』については、イスラムの教えでは酒を飲み酔ってしまった時の害が指摘されています。
そのため、飲料用のアルコールは避ける人が多いですが、工業洗浄用アルコールや、手指の消毒用のアルコールを避けようとする人の割合は下がるようです。
発酵過程で自然にアルコールが醸造される食品(しょうゆや味噌など)に関しては一定の濃度を規制すべきという考えもある一方で、問題に感じない人も少なくありません。

このように同じハラムでも対象によって違いがあることも知っておくと良いでしょう。

また、ハラルなものでもハラムなものに混ざったり接触したりすると、ハラムとみなされてしまうことにも注意が必要です。
(ムスリムにとっては)「けがれる」「コンタミネーション(汚染)」の感覚に近いと考えると理解しやすいでしょう。

ハラル(許されている)食品の例

野菜、果物、魚、卵、牛乳
イスラムの方式にしたがって”と畜”された動物の食肉、あるいはその派生物

ハラム(禁じられている)なもの

豚・犬
死んだ動物の肉、イスラムの方式にしたがってと畜されなかった動物の食肉、あるいはその派生物
血液など

その他、かぎづめのある動物など

※宗派、国および地域、個人によって詳細の解釈が異なります。

会員申込
メールマガジン登録
研修・講演依頼
食品開発展2016
地銀12社との業務提携
ハラルアカデミー
ハラルビジネス実践会
ハラルビジネスWEb講座
講師派遣

[PR]

やまとごころ アジアフード アフリカ商会 バイヤーズガイド Habibi Japan Habibi Japan 宅配ハラール弁当のHALAL DELI(ハラルデリ)

[関連団体リンク]

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構

Copyright © Japan Halal Business Association. All Rights Reserved.