ハラル事業部 TOP >  協会案内 >  代表挨拶

代表挨拶

ハラルを学べば世界が変わります

食の多様化やグローバル化が進んでいます。
世界中から外国人が日本を訪れる(インバウンド)が急増するに伴い、ハラルやベジタリアンやヴィーガン、コーシャなどの食の規律に対応する必要性が高まっています。 また、食物アレルギーや生活習慣病など健康上の理由から食事に制限をしている人も増えています。

一方で、「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録され、世界中でもお寿司をはじめ日本の料理に対する評価や期待が高まっています。

ところが、こうした食の多様化やグローバル化で、最大の障壁となっているのは、食事に対する表記の不明瞭化です。
例えば中の具がわからないおにぎりでは、日本の食に詳しくない外国人や食物アレルギーのある人は安心して食べられません。「幕の内弁当」「松花堂定食」のような名称も同様です。

そこで「食材や加工方法をわかりやすく表示することで、より多くの人に食事を安心して選び、楽しんでもらう」、そのような仕組みを作れば、もっと多くの人に食事を楽しんでもらうことが可能になります。これがお店や地域の活性化につながるはずです。

日本フードバリアフリー協会は、ハラルやアレルギーなどに対応したグローバルな食事の表記についての共通のルール作りと、研修などで正しい表記の判断ができる人材育成などを目的として設立しました。

こうした取り組みに賛同していただき、ぜひ1人でも多くの方に当協会へご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

代表理事 田中 章雄

会員申込
協会案内ダウンロード
研修・講演依頼
一般社団法人フードバリアフリー協会 一般社団法人ハラル・ジャパン協会 宅配ハラール弁当のHALAL DELI(ハラルデリ)

[関連団体リンク]

経済産業省 観光庁 ジェトロ JICA 中小機構

Copyright © JAPAN FOOD BARRIER-FREE ASSOCIATION. All Right Reserved.